一呼吸置いてみる

長く社会人を続けていると、どのような人も一度は仕事を辞めたいと考えるようになります。特に働く女性などはオフィスワークが多く、ストレスが溜まりやすい職場も多いでしょう。ストレスが溜まり心身共に疲弊してしまうと、仕事を辞めたいと考えてしまうのは当然のことでもあります。あまり自分を責めすぎず、自然なことだという風に捉えるようにしましょう。

ただ、そこで本当に今の仕事を退職するのかどうかは、一呼吸置いてじっくり考えてみた方が良いでしょう。もちろん体に負担がかかったり、心が持たないなどといった理由で今の仕事を退職することは、社会人としてダメなことではないでしょう。むしろ無理をすることは厳禁です。しかし、それを乗り越えた後に、社会人としてさらに上の段階に行けると言う風にも考えてみましょう。すると、もう一踏ん張り頑張ろうという気持ちが湧いてきます。今まで何でも我慢してきたと言うのであれば話は別ですが、特に社会に出たばかりの新卒者であればなおのこと、一呼吸置く時間を作るようにしてみましょう。

考えてみれば、自分で選んだ職場のはずです。自分で選んだと言うのであれば、引き下がる前にいかに踏ん張るかということを考えてみるのも大事だと言えます。そういった努力をすることにより、徐々に社会に適応できるようになってくるでしょう。どうしても自分で解決できないようであれば、信頼できる仕事仲間などに相談に乗ってもらうのも、1つの手だと言えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.